ぐうたら男の日々思うことをだらだら書き連ねる。
PR
Profile
Search this site.
MOBILE
qrcode
Others
看板。

今日はまだひとつも仕事が入っていない。

たまにはこんな日があってもいいよネ。

 

 

 

などと下書きしたそばから、

お客さんがやって来てしまった。

 

 

今日ぐらいゆっくりさせろよチキショウ。

 

 

心で毒づきながら、ひきつった笑顔を見せる。

 

 

 

 

先日の台風で会社の入口に吊るしてたボロ看板が吹っ飛び、

昨日今日とユルユル修復作業をしていた。

 

工場の脇にも(もっとちゃんとした)看板が設置されてるし、

社長さんも執着はないようなので捨てて構わないとは思うのだが、

創業当時から使ってる看板だと聞き、

なんとなく直さなければならない気がした。

 

 

できる限り昔の状態に近づけてみたつもりだ。

明日もう少し手直しをして、完成予定。

 

 

 

夕方にわか雨が降ってきた。

雷が怖かったけど、会社を出る頃にはほぼ止んだ。

さっすが晴れ男。

 

 

 

夜は自宅で父と晩飯を食いながら、

パソコンで「コマンドー」を観賞。

 

筋肉モリモリマッチョマンの変態になりたい。

 

 

22:47追記

 

また雷雨だ。

しかも夕方よりひどい。

向かいの学校かスーパーに落ちた。

 

怖いよお。

| 雑感。 | 22:18 | comments(0) | - | このページのトップへ
ク○ババア。

呆れた。

 

祖母が知らぬ間に多額の借金をして、

それがまだ返されてないという通知が来たそうだ。

 

詐欺かもと疑いもしたが、

父が確認したところ本物だった。

 

しかも二年前に借りたものらしい。

 

 

返す手段も無いのに、なんで平気で借りれるのだろう。

 

 

祖母は数年前から認知症になり、

いろいろなことを忘れっぽくなった。

 

それ自体は仕方がないことだ。

そこにまでケチをつけることはできない。

 

だが元々の自分でものを考えない性格や、

忘れたときに備える努力をしたがらなかったせいで、

家族が散々迷惑している。

 

なにか忘れたことがあっても「忘れてたから」と言うばかりで、

だったらメモするなりしようという発想にはなぜか行き着かない。

 

どれだけ父が注意しても、全く改善しようとしない。

 

 

認知症を盾にすりゃ何でも許すと思ってるのだろうか。

 

 

その蓄積の行く末が今回の件だ。

 

 

 

だいたい、亡くなった祖父の口座に沢山お金が入っていたはずなのに、

それもいつのまにスッカラカンだ。

 

 

僕もあまり強く言えた立場じゃないけど、

どういう神経してんだ。

 

 

一応その借金は、

父の退職金から返すことになった。

 

本当に、可哀想だ。

 

 

あのババアのことだ、

どうせ悪びれもしてないのだろう。

 

 

 

 

口が悪くなってしまった。

シュワちゃんの「コマンドー」でも観て切り替えよう。

| 雑感。 | 23:14 | comments(0) | - | このページのトップへ
台風前夜。

週に一度の貴重な休日。

今日もまた時間を無駄にした。

 

 

 

そろそろウチのあたりに台風がやってくるはずだが、

今のところ、まだ外は落ち着いている。

 

 

 

昔いじめてしまった子猫のこと、

ここ最近の家族間のすれ違い、

遠くの国で起こってる問題など、

いろんな思いが入りまざって物悲しい気分だ。

 

 

誤解されたくないので補足するが、

僕と父の関係は良好だ。

 

問題は僕ではなく、姉や祖母との父の関係である。

姉からは疎まれ続け、祖母からは年甲斐もなく甘えられる。

 

なんだか可哀想である。

だからと言って、僕に何ができるわけでもないのだが。

 

 

 

 

本当はよくないけど、

夜な夜なカップラーメンをすすっている。

 

これを食ったら明日の支度をし、

ちょいとタバコをふかしてから眠りにつこうと思う。

 

 

 

ここ数日エラそうな客が顔を出しに来るので、

本当はあまり仕事に行きたくない。

 

だからといってヘコヘコしてるのも性に合わないし、

臆病な僕なりに堂々としてようと思う。

 

ようやくガタイも良くなってきたし、

そのうち黙らせてやる。

| 雑感。 | 23:57 | comments(0) | - | このページのトップへ
ここ数週間。

疲れがたまって更新が途絶えていた。

 

 

 

ちょうど前回の記事を書いた日の事だが、

僕の大叔母が亡くなった。

 

以前から患ってたガンが肝臓に転移したのが原因で、

容態が一気に悪くなったらしい。

 

 

僕に言われたかないと思うが少し変わった人で、

よく「動物や植物とお話できる」と言っていた。

 

どこまで本当かは疑わしいが、

一応それらしいエピソードはある。

 

お通夜での従業員さんの話によれば、

むかし大叔母の前で小鳥が上下に羽ばたいた事があったそうで、

大叔父が調べたところ、それはラブコールだったらしい。

 

 

いろいろ口うるさくて正直苦手だったが、

父の話では母が亡くなったとき、

周りがほとんど助けてくれなかった中で一番親身になってくれたそうで、

なんだかんだ優しい人だったのだなと思う。

 

 

特に大叔母にベッタリだった姉は、

式のあいだずっと泣いていた。

 

でも、ある意味このタイミングでよかったのかもしれない。

(不謹慎な言い方だが)

 

ちょうど告別式の翌日が、姉が海外へ出発する日だった。

 

お別れもできないまま行ってしまうよりは、

最後にちゃんと顔を見られた方が良いだろう。

 

 

 

 

夏休み明けの仕事は、

ずっと怠けてた僕の身体には相当こたえてしまい、

そのためにブログの更新も休んでいた。

 

申し訳ない。

 

 

さて、その間の僕はというと、例の三味線弾きさんから

「一緒に歌ってもらえないか」とお声がかかり、

今月と再来月、これまた地元の小さなイベントに出させてもらえることになった。

 

ここで少し悪口を書いたこともあるけど、

それでも僕のことを目にかけて下さってるのだなと思い、

ありがたかった。

 

(都合いいよな。)

 

昨晩はカラオケ屋さんで合わせをした。

まだお互いグダグダだけど、一応「いいじゃん」と言っていただけた。

 

まぁなんとかなるだろう。

| 雑感。 | 16:27 | comments(0) | - | このページのトップへ
お片付け。

今朝買い物に出るため駐輪場まで行ったら、

お隣の自転車にセミの抜け殻がくっ付いてた。

 

前カゴと、前輪の2ヶ所。

 

 

彼らの成長の痕跡を見るのは楽しいが、

問題はその後だ。

 

 

マンションの灯りに釣られ、上まで昇ってきてしまうのだ。

 

 

既に降りる気力もなく、廊下の端っこに腹を見せ倒れこみ、

通りかかる人々に煙たがられながら朽ち果てていく。

 

ちゃんと次へ繋ぐ行為は終わらせたのだろうか。

 

 

いま、ウチの前は死屍累々である。

正直こうなってしまうと、僕も彼らを疎ましく思う事しかできない。

 

 

 

 

 

今日ようやく片付けらしい片付けができた。

 

「これはもう捨てた方が良いな」と思うものを独断でゴミ袋に詰め、

2、3ヶ所ほど久々に床が見えてきた。

 

 

このままの調子で続ければいいものをまた魔が差して、

エッチな写真を探しにネットの世界へ繰り出してしまったりと、

必ずどこかで流れが滞る。

 

 

これでも最近は自制してるんだぞ。(何を偉そうに)

 

ただそれはそれで、抑え込んだエナジーを違う方法で無駄遣いするので、

いずれにせよ褒められたモンじゃない。

 

プラス寄りの、プラマイゼロだ。

 

 

そこへ重ねて、自分へのご褒美みたいな感じでピザーラなど頼むから、

これでもう完全に手が止まる。

 

腹がいっぱいになって、眠りについてしまう。

 

 

 

 

 

ちなみに父は今日からまたお仕事であった。

といってもその次の日(土曜)からまた休みなので、

実質まだお休みと言っていい。

 

夜はお知り合いのかたに「一杯飲もうよ」と誘われたそうで、

案の定飲んだくれて戻ってきた。


 

 

そして眠りについてた僕は、その分を巻き返すかの如く、

こうしていつも通り何も変化の無い記事を書いている。

 

つっっかれた。そういやテンガのこと書いてないな。

 

 

 

もぉいいやめんどくせえ。

| 雑感。 | 02:45 | comments(0) | - | このページのトップへ
夏休み。

いつもスマホでブログを書くが、

今日はめずらしくパソコンを使ってる。

 

正直スマホで打ち込むよりラクだ。

 

 

 

 

先週木曜が立秋だったそうだが、

この暑いのに秋とかふざけるなって気分だ。

 

でも自宅の駐輪場で足下を見ると、

黄色い落ち葉がちらほら落ちている。

 

まぁ、なんだかんだ秋になり始めてるんだね。

 

 

 

さて、昨日から夏休みである。

夏季休暇前日は、この時期にしかできない片付け作業があるのだが、

こういう時に決まって面倒な品物を持ち込む客がいる。

 

サイズが大きくて面倒なヤツを5台も持ってきやがった。

 

さすがに殺意を覚えたよ。

 

 

暑さも手伝って、もうくたびれてしまった。

 

作業が終わってもすぐ戻らず、

事務所で寝転がりキャバ嬢さんの写真をウットリ眺めてた。

 

 

そのキャバ嬢さんとは、おととしの忘年会で知り合った。

 

丁度その時が僕のキャバクラデビューで、

三次会で社長さんに連れてかれた店でラインを交換した。

 

同い年の上、個人的にそのお店一キレイな人だ。

 

 

風俗は苦手なクチなのだけど、

ちょいと思うところあり、去年はほぼ毎月通ってた。

(むろん下心もあるさ)

 

今年は喫茶店の店員さんに誠意を尽くそうと行かないことにしてた。

でもご存じのとおり玉砕。

 

格好がつかなくなり、

そのままずっとキャバクラにも行ってない。

 

 

・・・とは言うものの、たまにラインが来るとつい嬉しくなってしまい、

よせば良いのにポンポン返事をしてしまう。

 

またすぐ来なくなるけど。

 

 

学習しろよ。

 

 

 

 

前置きが長くなり過ぎた。

 

今度こそ、昨日から夏休みである。

ありがたいことに丸々一週間お休みを頂けた。

 

 

 

父は、祖母の面倒を見るため実家に戻っている。

本当は僕も行くべきなのだが、

なにせウチを散らかしまくってるのでこの機会に片づけてしまいたい。

 

というわけで、父には申し訳なく思いつつも、いま自宅に一人きりだ。

 

 

初日はゆっくり身体を休める予定だったが、

夕方突然姉が戻ってきた。

 

なんでも古本を売りたいらしい。

ということで、運転手を任された。

 

 

お礼にココイチのカレーをご馳走になり、そのまま姉のアパートまで送った。

 

 

 

 

姉は父抜きで僕と会う時、

いろいろな父への不満を口にする。

 

昔ひどいことをされた、とか、父のこんなところがおかしい、とか。

 

理解できるところもあるのだが、

一方で被害妄想が強すぎないかと感じる部分もある。

 

 

父は昔うつ病を患っていて、

確かにそれが原因で感情の抑えがつかなくなり、手を上げられたこともある。

 

姉はいまだにその事を引きずっている。

当然と言えば当然なのだろうが。

 

 

でも、今の父は違う。

細かな不満はいくつもあるけど、

それでも僕らのために力になってくれている。

 

 

父を全面的に擁護するつもりはないし、

良くないところも間違いなくあるとは思っている。

 

 

それを踏まえた上で、姉はどこか歪んでしまった気がする。

 

 

気持ちが全く分からないわけではないけど、

もうなんでもかんでも人のせいにしてる場合じゃないのではないか。

 

 

姉はセミプロの歌手なのだが、

今月末から何かしらの勉強のため半年間海外へ行く。

 

そのカネを出すのは全額父だ。

 

 

父は今年で、・・・というより今月定年を迎える。

 

再雇用でまだ働きはするが、せっかくの稼ぎを未だ姉に費やしている。

 

 

まぁ、そのへんの事は、僕もどうこう言えた立場ではないのだが。

 

 

 

 

 

 

 

 

今日こそはしっかり休もうと、また一日眠り込んでた。

 

 

 

 

はずなのだが、気がつくとスマホでヘソ出しの女の子を眺め、

抑えきれない感情をブチまこうとしている。

 

ちょうどネットで見つけた医療用のテンガというものが届いてたので、

この機会に使ってみた。一人きりだし・・・。

 

 

まぁこの話は・・・明日以降にしよう。書き疲れた。

 

ゲームしよ。(片付けは?)

| 雑感。 | 00:11 | comments(0) | - | このページのトップへ
またかよ。

昨日、カラオケグループのリーダーさんと会った。

 

 

こないだ三味線弾きさんのライブに久しぶりにいらしてたのだが、

肝腎の僕は夏バテで倒れてしまい、会えなかった。

 

 

なんとなく寂しかったのでメールしたら

「近くに会おうよ」と言ってくださったので、

いつもライブを聴きに行く飲み屋さんで落ち合う。

 

 

 

いつも何の根拠もなしに「怒らせてないかな」と妄想する癖があり、

今回も何の根拠もなしに不安だった。

 

 

いつも通り僕を好きだと言ってくれた。

 

 

念のため言っとくが男性である。「好き」に特別な意味はない。

あったらイヤだ。

 

 

11月のイベントで歌う曲を試しにやってみたら、

自分で言っちゃアレだけど盛大にウケた。

 

 

そしたら今回のトリを飾ることに。(笑)

 

時間の割当ての都合上、

参加者は基本的に二番までしか歌わないのだが、

今回はいくらか時間が余るそうなので、

フルで歌っていいと言ってもらえた。

 

 

 

正直に言うよ。ムチャクチャウレシい。

 

有りもしない妄想を頭ん中で繰り広げている。

 

 

みんなの歓声を浴びるだろ、

女の子から声かけられるだろ、

レコード会社から声かかるだろ、

 

うひゃひゃひゃひゃひゃ〜〜あっ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また二日酔いになってしまった。

昨晩も気持ち悪くて寝付けてない。

 

つくづく自分がイヤになる。

| 雑感。 | 23:42 | comments(0) | - | このページのトップへ
暑い。

昨晩「黒人みたいに黒くなりたい」と言ってたが、

今日ばかりは自転車通勤を後悔した。

 

殺しにかかってるとしか思えない。

 

毎朝ホットパンツの女の子とすれ違うが、

日焼け止め塗るの大変じゃなかろうか。

 

 

亡き母から譲り受けた多汗症もあり、

ミネラルの損失が著しい。

 

またブッ倒れないためアクエリアスを飲むのが習慣になった。

ポカリの方が良いという話も聞くけど、

味としてはコッチの方が好きだ。

 

 

 

会社に着いてからも、

何もしてないのに息が上がってクタクタだ。

 

いつもデニムを履いて作業してるがすぐベトつくので、

昨日からウチに眠ってた半ズボンを持ち出し、

危険なとき意外そっちを使うことにした。

 

 

いつも強がって「暑い」だ「寒い」だ言わないようにしてるけど、

エアコンに当たるため時々事務所に上がり、

「アツいよぉ」と力なく本音を漏らした。

 

 

それだってのにラジオから「夜の営み」の話が流れてくる。

特殊な嗜好を持つリスナーさんがいるらしい。

 

 

みんな暑さにヤられてんだね。

 

 

 

仕事は終わったけど、熱が抜けるまで事務所に横たわっている。

 

先週訳あって会えなかったTさんから

「今日か明日なら大丈夫」と連絡が来たので、

落ち着いたら今夜会いに行こうと思う。

 

 

……プレゼント怒らないかな。

 

大丈夫か、何せプレミアムだもんな。

| 雑感。 | 18:07 | comments(0) | - | このページのトップへ
回顧。

なんとなくこれまでの記事を読み返してみた。

 

春まではイイ子ぶってたなと感じる。

 

 

 

始めたばかりの頃は喫茶店の店員さんに夢中で、

ほぼ毎回記事の最後に彼女の事を書いてた。

 

(それもバレンタインで砕け散ったがね)

 

 

 

ちょっぴりエッチだけど、

本当に好きな人には一直線。

 

 

そんなキャラを、確立したかった。

 

 

 

その思いを込めて……あとはノラネコが好きだから、

 

「恋と猫。」

 

 

 

 

 

それが今やなんだ。

 

ひとりぼっちの営みを嬉々として書き連ねやがって。

 

 

ちょっぴりどころのエッチじゃなかったんだね、キミ!

 

 

まだまだ書いてないヘンタイぶりもあるけど、

さすがにマズい領域なのでそれはやめとく。

 

 

 

まぁ、今の心身共フリーの状態てのも結構楽しかったりする。

 

 

特定の人に真面目である必要がないぶん、

いくらでもだらしなくなれる。

 

鼻の下を伸ばすことに罪悪感が無くなってくる。

 

 

 

「あぁ、オレ、自分にものすごく正直だ」

 

 

 

長いこと忘れてた解放感である。

 

 

これからどうなるか分からないけど、

とりあえず今は、このだらしなさを大切にしようと思う。

 

 

 

 

では、また明日ここで会おう。

書くことがあればだけど。

| 節目。 | 01:22 | comments(0) | - | このページのトップへ
日焼け。

七月も終わりを迎えようとしている。

 

この暑いなかクルマという選択肢もあるのに、

あえて自転車に乗り続ける。

夏バテしたばかりだってのによ。

 

というのも、少しでも肌を黒くしたいからなのだ。

 

冬にロッキーのスピンオフ作品を観て以来、

黒人に対する憧れが強まっている。

 

 

ロッキーのかつてのライバル、

アポロ・クリードの息子が主人公なのだが、

彼が超カックイイ。

 

ハンサムでムキムキ。

 

やや細身の体つきであるものの、

シルエットはお父さんそっくり。

 

メイキングによれば、

やはり体作りは相当こだわったようだ。

 

 

試合のシーンも凄い。

ここに関しては、間違いなく「ロッキー」シリーズを超えたと思う。

 

 

 

えっと、肌を黒くしたいって話だったな。

 

 

ウチは色白な家系で、

そしてそれが我が家系唯一の取り柄だとも思ってたので、

去年は逆に極力日焼けしないよう気を配ってた。

 

でも正直、毎日日焼け止めを塗るのはめんどくさい。

 

 

クリードのおかげで、少しわだかまりが解けた。

 

 

とはいえ、やはり色白の血は強いようで、

焼けてもあまり黒くならない。

 

全身焼くのも物理的にムリだが、

可能な範囲で頑張ってみようと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

ばっかだなあ。

| 雑感。 | 19:16 | comments(0) | - | このページのトップへ