ぐうたら男の日々思うことをだらだら書き連ねる。
PR
Profile
Search this site.
MOBILE
qrcode
Others
<< 楽しかったお正月。 | main | まっすぐ。 >>
靴底。

JUGEMテーマ:日常。

 

 

両親が東北出身だからなのか、比較的寒さには強い。

 

ただ、長いお休みで気の抜けたせいか、

最近は少し着込んでいないとキツイ。

 

……一昨日の職場周辺の最低気温がマイナス5度だって。

そりゃキツイに決まってら。

 

 

基本的に意地っぱりなので、

寒いと思ってもそれを口に出すことはしない。

周りの人から「寒いね」と言われても、

棒読みで「そうですね」と返すだけ。

 

 

なんだこいつ。

 

 

でもこれって案外効果的みたいで、

多少キツイと感じててもある程度は耐えられる。

口に出すというのは、一種の自己暗示のようなものなのかも。

 

しかし、冬に友達と会って「寒いね〜」と言い合わない光景は、

想像すると気味が悪い。

棒読みでも「そうだね〜」と返す癖はつけておかないと。

 

 

 

 

 

……いつもこんな妙なことを思いめぐらせながら生きている。

 

「こんなこと人に話しても理解してはもらえまい」

 

そう思うとだんだん外じゃ無口になってくるのだ。

 

このままでは恋人ができるかどうかも危うい。

デートで話すことなんにもなくなるじゃん。

 

 

 

いつも履いてる靴の底が剥がれてきたので、

仕事が終わったあと買いに行った。

 

お気に入りのブランドがあるのだが、

少しデザインが変更されていた。

いま履いてるやつのデザインが気に入ってたのでちょいガッカリ。

でも、カッコイイことには変わりない。買うよね。

 

そうでなくても足が大きいので買うものが限られる。

(ちなみに28cm)

 

 

父の帰りが遅いようなので、

ついでにその近くのカラオケで1時間歌っていった。

 

本当は家のこともやらなきゃいけないけど、

今日は、ごめん。

 

一昨年ラジオで「世界はそれを愛と呼ぶんだぜ」を耳にして以来、

サンボマスターのファンである。

以前はバラードばかり歌ってたけど、今では1時間ほぼシャウト。

 

これで外を通るお客さんを驚かせるのが、

性格の悪い僕の密かな愉しみ。

窓の向こうに目をやると、案の定怪訝な顔でこちらを見る男性が。

 

いざ見られてしまうとちょっと恥ずかしい。

 

 

駅についた父を迎えに行き、なか卯で晩飯。

ついでに店員さん目当てで喫茶店にも行ったが今日は見当たらず。

その代わり、父と仲良しな気の良いお兄さんがいた。

 

父はコミュニケーションを取るのが得意なので、

こうして誰とでも仲良くなれる。羨ましいな。

| 雑感。 | 02:32 | comments(0) | trackbacks(0) | このページのトップへ
スポンサーサイト
| - | 02:32 | - | - | このページのトップへ
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック